歯科利用は目的に合わせて選ぶ~歯の健康守り隊~

このエントリーをはてなブックマークに追加
dentist

矯正歯科の利用

矯正歯科治療の歴史や変遷

日本人には歯並びの悪い人が非常に多いのです。それは日本人の食生活が欧米型に傾倒し、なおかつ適切に矯正歯科治療を施さない人が多い為なのです。日本人は小魚など骨を丸ごと食べる固い食生活を送らなくなってしまいました。そのことで顎が一向に発達出ず、小さな顎の人も多くそのことで歯が気鋭に並ばず出っ歯や八重歯の人が多くなっているのです。また日本人は適切に歯科矯正治療を施さない人が多いのです。それは昔から日本では歯科矯正治療が審美性を高める治療としての認識が根強く、そのことで健康保険が適応されない自費治療になっているのです。しかし現代では歯並びまで気を配り自分の魅力を高めようとする女性が増えたり、矯正歯科治療の多様性や治療費の減額なども見られ徐々に歯科矯正治療を受けようとうする人が増えつつあるのです。

今後の治療の動向について

部分矯正などは最近多くの人に行われる歯科矯正治療として有名です。歯全体に装置をつけ抜本的に治療しないものの、コンプレックスのある歯並びを短期間で低コストで治療できるとして人気なのです。歯科矯正クリニックだけでなく美容整形外科でも治療できるようになっており、非常に身近な矯正治療になっているのです。そのため今後ますます、部分矯正治療を受ける人が多くなるのは簡単に予測することができるのです。しかし部分矯正は歯の噛み合わせや顎の発達をサポートするものではないので治療を受ける前には良く歯科医と相談することが大事なのです。また最近ではマウスピースを用いて治療を施すインビザライン治療などもあるのです。これは従来の歯の表面に装置をつける治療法よりも二割近く安く治療ができ、人に治療を悟られないメリットがあるのです。